2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
旭ジャズまつり2011
2011/07/31(Sun)
あっという間の20分でした。
   
   asa113.jpg


朝から降り続く雨がBIEN WHO?の演奏中だけは奇跡的にあがりました。
去年のステージで一緒に演奏したみずほさんも一緒にいてくれたのだろうと思います。

  
    asa111.jpg
  

papa the ERさんが撮ってくださった写真です。
変顔の理由も含めて(笑)あとは帰宅してから。
今日は月初、仕事が月中ピークなのです(泣)
ちゃんと書くもん。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


やまない雨がBIEN WHO?の演奏のときだけすっとやみました。
みえない何かに守られている・・みんながそう感じたのでは。
さてセッティング開始!

演奏前に会場を見渡していたら私に向かって手をふる男性が目にとまりました。
あ~~~~!玉さんだぁ~~~!
玉さん・・わかる人にだけわかればいいです(笑)
いつもお世話になっている私の大好きな素晴らしいサックスプレーヤーです。
最近プライベートでとても悲しいことがあってかなり気落ちされていたし、まさかきてくださっているとは思いもしませんでした。

私の変顔は、その玉さんをみつけた瞬間でした。


セットリスト(動画付)

・Old Devil Moon

・One Note Samba

・Taking A Chance Of Love

・Nice's Dream



昨年は30分あった演奏時間が今年は20分に短縮されてしまいましたがこの四曲を披露しました。
一曲めは自分がどこでなにを弾いているのかまったくわからなくなっていて、Endingのメンバー紹介のLoveのときにようやく会場を見渡す余裕ができました。
遅すぎる?すみません・・。


Lee-Sarah Special Bigbandの演奏をあららん・アリスと一緒に聴いてから撤収してまずは打ち上げの席へ。
Papa the ERさん・えーちゃんご夫妻・くぼやんさん・Mickeyさん・あとりんさん・masaさんの奥様と一緒に宴会@二俣川
おおいに盛り上がったあとにくぼやんさんやShiroさんとプロステージを聴きに戻りました。
あいにく山田穣さんの演奏は聞き逃してしまいましたがLupantic5やPortbeats Orchestraはゆっくり聴くことができました。
やはりプロステージは素晴らしい・・。
まねできるところとできないところがありますが、たくさん聴いておきたいものだと思いました。


帰りは酔っぱらい玉さんをおうちまでお送りして(笑)帰路に。
長かったけれど不思議と疲れを感じまない一日でした。
この記事のURL | Band Life | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |